泥にまみれろよ -素人アプリ開発者のBlog-

プログラミング歴1年のビギナーが、趣味のiOSアプリ開発について綴るブログです。VBAによる事務作業効率化、筋トレ、ファッション等の情報についても発信します。

【発注者目線】クラウドワークスのコンペで採用されるためのコツ3選

f:id:antique-app:20191022224057p:plain

antique-appです!

前回の記事で、新作アプリのタイトルをクラウドワークスのコンペにより募集しているとお伝えしました!

 

www.antique-app.com

 

このコンペ自体はもう終了していて、採用作品も無事決まったのですが、驚くべきことに2週間で500件以上もの応募がありました!

応募してくださった方、本当にありがとうございました。

 

さて、だれでも比較的簡単に応募ができるネーミングのコンペですが、自身で発注したことのあるという方は少数ではないかと思います。

そこで今回は、発注者目線で、「こんな提案なら採用したくなる!」と思えるような条件を3つ挙げてみようと思います。(たった1件発注しただけですが。笑)

 

クラウドワークスのコンペとは?

 

まず初めに、クラウドワークスのコンペについて簡単に説明します。(知っている方は読み飛ばしても大丈夫です)

 

クラウドワークスという国内最大級のクラウドソーシングのサイトがあり、そこでは広告デザインやネーミングなど、一部のプロジェクトでコンペ形式が取られています。

 

crowdworks.secure.force.com

 

このコンペ形式のプロジェクトはどういうものかというと、発注者は求める作品のイメージなどを公開し、クラウドワーカーはそれをもとに作品を提案します。

1〜2週間の期限内に集まった作品の中で発注者が採用作品を決定し、採用された人だけが報酬をもらえる仕組みです。(採用作品なしの場合もあります)

報酬は広告デザインなどであれば数万円、ネーミングであれば数千円〜3万円くらいが多いようです。

 

発注してわかった、コンペで採用されるコツ

 

さて、ここからは私が今回の発注で気づいた、採用されるためのコツを3つほどお伝えしたいと思います。

ただし、作品の内容的なところではなく、それ以外のところとなっていますので、ご了承くださいね。

1.プロフィール画像を設定する

割と基本的なところかもしれませんが、やはり重要です!

というのも、クラウドワークスの提案一覧を確認する画面では、提案した人のユーザーネームとプロフィール画像くらいしか表示されません。

さらに、かなり多くの人がプロフィール画像を設定していないので、自分の顔写真などのユニークな画像を設定しておくだけで、他の提案者よりもかなり印象に残りやすくなります。

特に、ネーミングのコンペなどは何百件と提案が来ますので、発注者の印象に残るか残らないかはかなり重要です。

顔写真を載せるのに抵抗がある方は絵や写真などなんでもいいので、とにかくインパクトのあるプロフィール画像を設定しておきましょう!

 

2.提案は1つか、多くても2つにする

特にネーミングのコンペだと、作品の制作時間もかからないので、思いついたものを何件でも提案したくなると思います。作品の提案数が多いほど、数字の上では採用される確率が上がりますしね。

 

しかし、発注者からみると、同一人物から短期間にいくつも案を出されると、「この人、数打ちゃ当たるで出してきてるんじゃないかな?」と不安に思ってしまいます。

逆に、1件や2件に絞って案を出してきている人だと、「この提案を全力で考えてくれたのかも!」と好意的に捉える場合の方が多いと思います。

 

提案数はできれば1つ、多くても2つに絞って、それに全力を注ぎ込みましょう。

 

3.コンペが開始してから1〜2日経った頃に提案する

新しいコンペが開始しても、すぐに提案を出すのはやめておいた方がいいと思います。

なぜなら、発注者からすれば、始まってすぐに提案された案を採用するのは「なんとなくもったいない」気分になるからです。

始まってすぐに提案されると、確かに印象には残りやすいのですが、いざ採用作品を決める段階になると、「せっかくコンペをしたのに、結局始まって1時間で出た案を採用するのか、、、なんだかもったいないな。。。」という気持ちになり、(実際にはもったいなくもなんともないのですが)ついついそれよりも後に出た案を採用したくなります。

 

かといって、募集期間終了直前に案を出すこともおすすめできません。

そのころには採用候補の案がいくつか決まっていて、よっぽど良質な、インパクトのある作品でなければ、その中に割って入ることは難しいからです。

 

よって、始まって1〜2日ぐらいの、提案がポツポツ集まり出してきた頃に出すのがベストと言えるでしょう。

 

おわりに

以上、私のたった一度の乏しい経験をもとに、コンペで採用されるコツをご紹介しました。

ちなみに私が今回採用した方および採用を検討させていただいた方は、みなさん意識されているのかどうかはわかりませんが全員がこの条件を満たしていました

クラウドソーシングに興味を持っている方は、ぜひ実践してみてください。

それでは。