泥にまみれろよ -素人アプリ開発者のBlog-

プログラミング歴1年のビギナーが、趣味のiOSアプリ開発について綴るブログです。VBAによる事務作業効率化、筋トレ、ファッション等の情報についても発信します。

仕事の話をすると「大変だね」と返されることが苦手です

f:id:antique-app:20190222170658j:plain

antique-appです!

今日は、個人的にちょっと苦手な言い回しについて書いていきます!

人の仕事に対して「大変だね」という返し

日本人って仕事の話になったときに、「〇〇をしています」って言うと、「〇〇か〜大変だね〜」とか「すごーい!でも大変じゃないの?」とかって返す人が多くないですか?

私自身は全くありふれた仕事をしていますが、自分の仕事を言ったときに、体感的には2回に1回はこのような返しをされるような気がします。

たぶん「そんなに大変な仕事をしているアナタってすごいね」という賞賛のニュアンスを含めて言っているのだと思いますが、個人的にはこの返しがすっごく苦手です。

以下、その理由です。

1.経験したことがない他人の仕事が大変かどうかなんてわからない

この世の中に職業などいくらでもあり、また、日々新しい職業が生まれています。

さらに、同じ職業でも業務内容は千差万別で、例えば一口に「警察官」と言っても、白バイ隊員や刑事がいれば、警察事務の人もいるでしょう。また、同じ担当課でも担当が割り振られており、それぞれ全く違う仕事をしているかもしれません。

世の中に、アナタと全く同じ仕事をしている人は一人としていないのです。

だから、自分が経験していない他人の仕事を「大変だね」と断定するのはやめましょう。私は失礼だとさえ感じます。

 

2.言った方は相手がイヤな気持ちになるかもしれないことに気づいていない

そもそもなぜ、仕事という人生の大部分を占める大切で神聖なものに対して、「大変だね」というネガティブな感想が第一声として出てくるのか、私には分かりません。

自分が一生懸命やっていることをネガティブな方向に評価されて喜ぶ人がいるでしょうか。

私は、自分の着ている洋服を「似合ってないね!」と言われるのと同じくらい、イヤな気持ちになります。

また、本当に仕事を大変だと思っている人は、「大変だね」と言われることでおそらく仕事のことを思い出してネガティブな気持ちになりますし、誰も聞きたくない仕事の愚痴が始まるかもしれません。

他人が一生懸命やっていることなので、ポジティブな方向に評価してあげましょう。

本心ではそう思ってなくても、「かっこいいね!」とか「憧れるなあ」とか言ってあげる方が、人間関係もうまくいくとおもいませんか? 

 

3.そもそも私は仕事を大変だと思ったことがない

私は別に自分が仕事ができると思っているわけではありません。経理事務の作業は少しばかり得意ですが、社外の人間との折衝や会議の準備などは本当に苦手です。

しかし、私は自他共に認める超ポジティブ思考なので、少しばかり仕事が忙しい時期があっても、その忙しさを楽しむようにしています。忙しいときだからこそ、ひとつひとつの仕事を完成させていくことに楽しさを感じています。

仕事に打ち込んでハイになっているときは、上司から「大変だね」と言われるよりも「がんばってるなあ」と言われる方が、よほど励みになります。

 

まとめ

冒頭に書いたように、人の仕事に対して「大変だね」という言い回しは日本語ではありふれていますが、誰も得をしないのでやめましょう。笑

また、管理職の方は部下に対して「大変だったな」ではなく「よくやったな」と言ってあげましょう。

言葉ひとつで相手の気持ちは全く違ったものになると思います。

それでは。