泥にまみれろよ -素人アプリ開発者のBlog-

プログラミング歴1年のビギナーが、趣味のiOSアプリ開発について綴るブログです。VBAによる事務作業効率化、筋トレ、ファッション等の情報についても発信します。

業務効率化にExcelマクロ(VBA)を用いるメリット・デメリットを考える

f:id:antique-app:20190205220833p:plain

これくらい集中したい


antique-appです!

最近の趣味は、自分が作成したExcelマクロを仲の良い同僚に(半ば強制的に)配りまくることです!

今日は、事務作業の自動化による業務効率化を行う際、Excelマクロ(VBA)を用いるメリットとデメリットについて考えていきます。

なお、今回は技術的な話は一切出てきませんのでご了承ください!

 

 

Excelマクロとは?

Excelには計算機能や表を作る機能のほかに、VBAと呼ばれるプログラミング言語を用いることで、Excelに自動で業務を行わせることができる機能があります!

「マクロ」と略すと、みなさん一度は聞いたことがあると思います。

数式の計算、コピー&ペースト等の基本操作だけでなくPDFの作成、ファイル名の編集、インターネットにアクセスしての情報収集など、できることは非常に多岐に渡ります。

定型業務をExcelマクロに任せることで、圧倒的な業務の自動化・効率化を図ることができます。

そんなExcelマクロを用いて事務作業を自動化する際の、まずはメリットを挙げていきます!

Excelマクロのメリット

1.環境構築が容易

ExcelがインストールされているPCであれば、誰でも無料で編集・実行することができます。使用できる環境を構築するために丸1日が必要になる言語や、ライセンスの購入にお金がかかる言語もたくさんある中で、これは大変なメリットだと思います。

また、他人にファイルを受け渡す際にいちいち実行用ファイルに変換しなくてよいというのも、時間と手間が省けて助かります!

2.情報(専門の書籍・Webサイトなど)が豊富

私のような非エンジニアにも広く使われている言語なので、情報の集積が半端じゃないです!

少し大きな本屋さんに行けば、きっとExcelマクロ専門のコーナーがあり、インターネットでExcelマクロを使ってやりたいことを検索すれば、答えとはいかないまでもヒントは必ず見つかると思います!

一般企業でも広く使われているため、どこの職場にもだいたい1人は「Excelマスター」みたいな人がいると思いますので、その人にわからないことを聞いてみるのもいいと思います!

3.「マクロの記録」機能がある

これが本当に大きいです!

マクロの記録機能とは、そのボタンを押してから終了するまでのExcel上での動きを、VBAのコードに起こしてくれる機能です。

簡単な動きであればこの機能だけでマクロを作成することも可能ですし、どのような動きがどのようなコードで記述されているのか確かめるときにも非常に有用です。

ただし、実際にやったことのある人ならわかると思いますが、少し複雑なことをしようと思うと、マクロの記録だけではどうにもならないことが多々あります!

まず最初はマクロの記録機能でExcelマクロを使ってみて、慣れてきたら徐々に自分でコードを書くようにしましょう!

 

次はデメリットです!

Excelマクロのデメリット

1.メンテナンスの問題

Excelマクロを作った人が異動や退職でその職場を離れてしまうと、だれもメンテナンスができずに野良マクロばかりになってしまった、、、というのはあるあるだと思います!

Excelマクロの作成者からすると、なまじっかいろいろなことができる余り、コードを複雑にしがちです。

また、非エンジニアの作成者も多いため、コードの書き方が統一されていない場合が多々あります。

長い間使うようなシステムであれば、大人しく専門の部署に任せたり、外注したりするほうが良い場合もあります。

2.Excelマクロというだけで敬遠する人がいる

どの職場にも一定数います。笑

何度もテストして、完璧なマニュアルを用意したExcelマクロでも、頑なに使ってくれない人が、、、

もしかしたら、過去にExcelマクロで何か痛い目を見たのかもしれません。

とはいえ、やはりExcelマクロも人が作るものですので、コードが間違えていれば、当然正しく動きません。

使わないというのも、ひとつの考え方としてアリだとは思います。

3.転職・独立は難しいかも

非常に便利なExcelマクロですが、使える人が多い分、転職・独立には不向きかもしれません。VBAの技術だけで生活していくとなると、かなりのスキルが必要となるのではないでしょうか。

転職・独立のためにプログラミングを勉強される方は、より需要の多いJavaやC系言語を勉強したほうが良いのかもしれません。

まとめ

以上、Excelマクロのメリットとデメリットを考えてみました!

あえてメリットとデメリットを同じ数だけ挙げましたが、私個人としては、Excelマクロは「学んで絶対に損をすることはないスキル」だと考えます。

また、簡単に始められる分、プログラミング人生をスタートするいいきっかけにもなると思います。現に私も、Excelマクロである程度プログラミングに慣れてから、PythonやSwiftを用いたアプリ開発に手を出すようになりました。

Excelマクロについては、また時間があるときに、便利なコードなど少し技術的な記事も書きたいと思います。

それでは。